ご挨拶 ―設立の理念をみつめて47年―

 弊誌創刊号の巻頭挨拶に「学校給食ということば」について、当会初代主宰であった故阿部裕吉が以下のような記述をしております。
 「最近、学校給食という用語に抵抗を感ずる人が多いという。給食ということばは、文字通り食を給すると書くところから、供与側から見たニュアンスが感じられるともいう。(中略)学校給食が大きく発展している現在、従来の学校給食という用語の持つニュアンスをあらためて考えてみる必要がありそうだ。たとえば、学校給食を学校食事に、給食指導を食事指導にというふうにかえるのはどうだろうか。」
 これは、弊誌発刊に当たり一つの提言として現在に至るまでその理念として息づいております。
 月刊『学校の食事』は創刊号から一貫して、子どもたちと栄養職員を取り巻く環境と現場のあり方をみつめて47年間歩んでまいりました。今日では食育という言葉は、日常的に使われるようになっておりますが、まさに“学校の食事の教育”が大切であることを、設立当初より願って栄養職員の皆さんとともに弊誌を作ってまいりました。これからも、時代の新しい変遷とともに、その理念に忠実に栄養関係者にとって身近で役立つ誌面作りに努力邁進してまいります。 


会社概要

会社名 株式会社 学校食事研究会
所在地 〒102-0073

東京都千代田区九段北1-9-5-316

 TEL 03(3265)0377
 FAX    03(3265)0378
設立 1968年9月、学校栄養職員の資質向上と学校給食の食事内容の充実を目的に『学校の食事』を発刊し、学校栄養職員を啓発し、学校給食の発展に資するために設立。

アクセス

学校食事研究会  東京都千代田区九段北1-9-5-316

 

都営新宿線九段下駅

東京メトロ東西線・半蔵門線九段下駅  

より徒歩3分